Last Update 2008年01月
イトカメPCサポート(1つ上の階層)へ移動 イトカメトップページ(2つ上の階層)へ移動

Norton Ghost 2003(ノートン ゴースト2003)、筆者の使い方の目次

  1. 初めに
  2. 今回用意した機材


  3. Ghost起動ディスク(フロッピーディスク)を作る
  4. Ghost起動ディスクでパソコンを起動する
  5. 同じHDD内の別パーティションへのバックアップ
  6. 同じHDD内の別パーティションからのリカバリ
  7. 同じPC内の別HDDへのバックアップ
  8. 同じPC内の別HDDからのリカバリ


  9. Ghost起動ディスク(フロッピーディスク)の中身を知る
  10. USB2.0接続の外付けHDDへのバックアップ・リカバリ
  11. USB1.1接続の外付けHDDへのバックアップ・リカバリ
  12. CD/DVDへのバックアップ・リカバリ
  1. Ghost起動ディスクのカスタマイズ(CD/DVD起動ディスクを1枚に収める)
  2. Ghost起動ディスク(CD-ROM)を作る
  3. フロッピーディスクドライブなしで、Ghost起動ディスク(CD-ROM)を作る


  4. LAN接続された、別のコンピュータへのバックアップ・リカバリ(クロスケーブル直付け)
  5. LAN接続された、別のコンピュータへのバックアップ・リカバリ(ルータ経由)
  6. LAN接続された、(Windows起動中の)別のコンピュータへのバックアップ・リカバリ
  7. オリジナルリカバリディスクの作成

15.フロッピーディスクドライブなしで、Ghost起動ディスク(CD-ROM)を作る(1/2)

<この項目で必要な条件>
・Norton Ghost 2003がパソコンにインストールされていること
・「Virtual Floppy Drive(Ken Katoさん作)(以下:VFD)」がパソコンにインストールされていること
・書き込み可能なCD/DVDドライブがあること
・空のCD-R,RWディスクが1枚
・ブートディスクの作成可能なライティングソフト

 Norton Ghost 2003のGhost起動ディスクは、フロッピーディスクというのが基本で、Ghost起動ディスクをCD-ROMに作る場合でもどうも、一旦これをフロッピーディスクに作成した後にCD-ROMへ移すという作業が必要な様です(項目14.参照)。という事はつまり、FDDを搭載していないパソコンの場合、Ghost起動ディスクを作る事が出来ないという事になってしまいます。外付けFDDを購入するという手はありますが、CD-ROMからのブートが可能であれば、Ghost起動ディスク(CD-ROM)があればよい訳で、Ghost起動ディスクを作る為だけに外付けFDDを購入するのも勿体無いかと思います。そこで今回は、FDDなしでGhost起動ディスク(CD-ROM)を作る手順を紹介致します(今回の内容は主に、VFDの使い方の紹介です)。
 VFDとは、仮想的にFDDを作る事で、実際にFDDを搭載していないパソコンでも、FDDに関する機能を使えるようにするソフトです。これを利用して、Norton Ghost 2003に対しあたかもFDDがあるかのように見せかけて、Ghost起動ディスクを作成します。

・VFDのインストール方法については省略致します(Ken Katoさんのサイトからダウンロードしてきた圧縮ファイルを適当なフォルダへ解凍するだけでよいはずです)
・VFDのファイル群の中から「vfdwin.exe」をクリック(以下、「vfdwin.exe」と記述した場合、このファイルを指します)(図15-1参照)
・[ドライバ]のタブをクリック(図15-2参照)
・[インストール]をクリック(図15-2参照)
・[開始]をクリック(図15-2参照)

 これで、VFDが起動されます(まだ仮想FDDは出来ていません)。

[図15-1]


[図15-2]


[図15-3]

[図15-4]


[図15-5]


[図15-6]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・[ドライブ0]のタブをクリック(図15-3参照)
・[変更]をクリック(図15-3参照)
・「ドライブ文字」欄は、「A:」又は「B:」を選択(既に「A:」又は「B:」にFDDが搭載されているパソコンでは、そのドライブは選択出来ません、今回は「B:」を選択して進めます)(図15-4参照)
・[OK]をクリック(図15-4参照)
・[開く]をクリック(図15-3参照)
・「イメージ」欄は空欄でOKです(図15-5参照)
・「メディア種別」は「3.5" 1.44MB」を選択(図15-5参照)
・[作成]をクリック(図15-5参照)
・右上の[×]をクリック(図15-3参照)

 これで、先ほど選択したドライブ(今回はBドライブ)に仮想FDDが作成されます。マイコンピュータを開くと、作成したドライブが確認出来ます(図15-6参照)。WindowsXP上では、表示上必ず「5.25インチFD」という表示になるようですが、問題はないようです。又、Windowsをシャットダウンすると、VFDが停止し、仮想FDD内に保存した内容は消失します。
  次のページ(2/2)へ

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次のページへ


このページの
最上部へ移動