Last Update 2008年01月
イトカメPCサポート(1つ上の階層)へ移動 イトカメトップページ(2つ上の階層)へ移動

Norton Ghost 2003(ノートン ゴースト2003)、筆者の使い方の目次

  1. 初めに
  2. 今回用意した機材


  3. Ghost起動ディスク(フロッピーディスク)を作る
  4. Ghost起動ディスクでパソコンを起動する
  5. 同じHDD内の別パーティションへのバックアップ
  6. 同じHDD内の別パーティションからのリカバリ
  7. 同じPC内の別HDDへのバックアップ
  8. 同じPC内の別HDDからのリカバリ


  9. Ghost起動ディスク(フロッピーディスク)の中身を知る
  10. USB2.0接続の外付けHDDへのバックアップ・リカバリ
  11. USB1.1接続の外付けHDDへのバックアップ・リカバリ
  12. CD/DVDへのバックアップ・リカバリ
  1. Ghost起動ディスクのカスタマイズ(CD/DVD起動ディスクを1枚に収める)
  2. Ghost起動ディスク(CD-ROM)を作る
  3. フロッピーディスクドライブなしで、Ghost起動ディスク(CD-ROM)を作る


  4. LAN接続された、別のコンピュータへのバックアップ・リカバリ(クロスケーブル直付け)
  5. LAN接続された、別のコンピュータへのバックアップ・リカバリ(ルータ経由)
  6. LAN接続された、(Windows起動中の)別のコンピュータへのバックアップ・リカバリ
  7. オリジナルリカバリディスクの作成

11.USB1.1接続の外付けHDDへのバックアップ・リカバリ(1/2)

<この項目で必要な条件>
・Norton Ghost 2003がパソコンにインストールされていること
・FDDがあること
・空のフロッピーディスクが1枚
・PC本体のUSBポートがUSB1.1(及び2.0)規格に適合していること
・USB1.1(及び2.0)規格に適合したUSB接続の外付けHDDが1台

[図11-1]

[図10-2]

 

 

 

 パソコン側のUSBポートがUSB1.1規格である場合、外付けHDDがUSB2.0規格に対応していても、実際の接続はUSB1.1規格にて行うことになります。パソコンにUSB2.0規格のポートが付き始めたのは2002年頃以降ですので、これ以前に製造されたパソコンをお使いの場合、USB接続の外付けHDDにバックアップを取るには、USB1.1規格にて接続する必要があります。
 USB1.1規格はUSB2.0規格に比べると速度が大変遅いのですが、USBのお手軽さという点では変わりありませんので、USB1.1規格のポートが付いたパソコンをお持ちの方には、是非お試し頂きたいと思います。
 やはりまずは、USB1.1のドライバを組み込んだGhost起動ディスクを作るところから始めます。

・基本的に、項目3.の手順に従ってGhost起動ディスクを作成しますが、項目3.と異なる部分は次の通りです。
・「追加のサービス」の画面(図3-3参照)までは、項目3.と同様に進めます
・「外部記憶オプション」の中の「USB1.1サポート」をチェック(図11-1参照)
・[次へ]をクリック(図10-1参照)
・次の画面からは、項目3.と同様に進めます

USB1.1付きのGhost起動ディスクが出来たら、実際にGhostを起動してみます

・パソコンの電源が切れた状態で、USBポートに外付けHDDを接続します
・外付けHDDに電源スイッチがある場合は、この電源を入れます
・先ほど作ったGhost起動ディスクを使って、Ghostを起動します(項目4.参照)がこの際、メニューが表示される前の画面(黒地に白文字)の表示内容が重要です(図11-2,-3参照)
・図11-2が、外付けHDDが正常に認識された場合ですが、5行目の「ID0 = TOSHIBA MK1016GAP」が認識されたHDDの機種名で、6行目に「Installed Successfully」と、正常にHDDが認識された事を示しています(図10-2参照)

 USB1.1の場合USB2.0と異なり、複数のコントローラが存在し、Ghost起動ディスクでは全てのコントローラのドライバを組み込む様で、ドライバの組み込みに計8つの処理を行っています。
 ただ、実際に外付けHDDが接続されているパソコン側のUSBポートのコントローラは1つな為、必要なドライバ以外の処理の部分では外付けHDDの認識は行われずに、「Adapter not present」という表示となります。
 ですので、8つの処理中1つでも「Installed Successfully」の結果が得られれば、外付けHDDは正常に認識されているはずです。

・外付けHDDが正常に認識されさえすれば、パーティション単位、ディスク単位でのバックアップ・リカバリが可能です(操作手順はそれぞれ項目5.6.7.、8.を参照。外付けHDDが、あたかも内臓HDDが追加されたかの如く表示されます。)
  次のページ(2/2)へ

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次のページへ


このページの
最上部へ移動