Last Update 2002年02月
イトカメPCサポート(1つ上の階層)へ移動 イトカメトップページ(2つ上の階層)へ移動

VAIO L710-BP2

筆者が購入した初めてのパソコンが、「VAIO L710-BP2」です。構成部品のトータルでの使いやすさを重視して選定しました。実際使ってみて、大変満足しています。
強いて問題点を挙げるならば、省スペース型ゆえの拡張性の弱さと、大金はたいてKatmaiの550MHzを買ったとたん、Katmaiが600HMzで打ち切られたことです。
自作を手がけたのを機に、2002/05にて私の手元から離れて行きました。

 

 

 

 注意

  • このページの内容は、筆者が使用した事例の紹介に過ぎません。決して、作動を補償するものでも、メーカがサポートするものでもございません。
  • このページの内容をご利用された事によって損害が生じた場合でも、筆者は一切の責任を負いかねます。悪しからずご了承願います。ただ、皆様のお役に立てれば幸いです。

雑感など 周辺機器増設&改造記録 Norton Ghost2001にチャレンジ

変更内容一覧

項目 オリジナル 変更後
ブランド スペック ブランド スペック
ハード CPU ペンティアムV
(Katmai)
550MHz ペンティアムV
(Coppermine)
800MHz
(検討のみ)
メインメモリ Hyundai
(オリジナル)
128MB メルコ
MV-VSJ-256M
256MB
ハードディスク Seagate
Medalist1303
3.5inch
ATA33
13.0GB
5400rpm
Seagate
Barracuda ATA W
3.5inch ATA100
20.0GB 7200rpm
TOSHIBA
MK6014MAP
2.5inch
6007MB 4300rpm
SCSIボード なし IO DATA
SC-UPCIN
Ultra SCSI
MOドライブ なし IO DATA
MOF-R640
640MB
CD-R/RWドライブ なし IO DATA
CDRW-SX124G
CD-Rライト:12倍速
CD-RWライト:4倍速
リード:32倍速
USBハブ なし SANWA SUPPLY
USB-HUB05BLB
アップストリームポート×1
ダウンストリームポート×4
セルフ・バスパワード共に対応
スキャナ なし EPSON
GT-7600U
解像度:1200dpi×1200dpi
取り込み:216mm×279mm
ネットワークアダプタ オリジナル アナログ
56kbps
NEC
Aterm IW50&RS20
デジタル
64kbps
corega
Ether PCI-T
10BASE-T
携帯電話アダプタ なし SOUSENEXT
SUS−USB−02 REV1
-
ビデオキャプチャ なし IO DATA
MPG-BOX/P
取り込みサイズ
静止画:1600×1200
動画:352×240×30frame/s
ミュージックプレイヤー なし SONY
MC-P10
メモリ:64MB(内臓)
再生:約5時間(規格値)
マウス オリジナル 3ボタン+スクロール
PS2接続
Logicool
MZ-100
4ボタン+スクロール
光学式&無線式
PS2&USB接続
Logicool
CM-41PR
3ボタン+スクロール
無線式
PS2接続
ソフト ディスプレイアダプタ オリジナル ATI 5.40.1-T02

前のページへ 作業詳細(ハード)1/4 2/4 3/4 4/4 作業詳細(ソフト) 総評 次のページへ

作業詳細(ハード)3/4

4.SCSIボード
 このパソコンは拡張スロットがPCI×2(うち1つはモデムで使用)しかなく、つまりボードが1枚しか挿せないのです。
となれば、定番のSCSIボードしかないでしょう、という事でIO-DATAのSCSIボードを購入しました。
 注意点はただ1つ、ハーフサイズしか使えないという事です。メーカは何処でもよかったのですが、なるべくブランドを統一したいという趣味もありまして、周辺機器のラインナップが充実しているIO-DATAを選定しました。
 取り付けはマニュアル通りで問題なし。一発で認識しました。

5.MOドライブ、CD-R/RWドライブ、スキャナ、携帯電話アダプタ
 これらは、現在主流のものを選定しました。取り付けに関しては特に問題なし。

[拡張PCIスロット]

6.USBハブ
 USBハブもMO等とメーカを揃えたかったのですが、店頭に置いてなかったので、店頭にて購入できるものの中から選定しました。特にドライバも必要なく、問題なし。

7.ビデオキャプチャ
 これはどの製品を購入するかで結構悩みましたが、

・PCIスロットは使えない
・動画、静止画共になるべく大きく取り込みたい

の理由で選定しました。取り付けは全く問題なし。パラレル接続なので、使いたい時だけ電源をいれて使用が可能。

8.ネットワークアダプタ(Aterm IW50&RS20)
 電話回線がアナログだと

・1回線しかないので、家族と回線の取り合いになる。
・ダイヤルアップして、接続までの時間がかかる
・プロバイダと繋がってから、ログオンするまでにエラーになることがある

という理由から、電話回線のデジタル化を図りました。筆者はザウルスも使うので、ワイヤレス子機にアナログポートがあるターミナルアダプタ(以下TA)ということで選定しました。
 購入後、パソコンをTAの子機にUSBで接続し、通信を始めましたが、通信途中に予告もなく、切断してしまうという不具合が発生。色々試したところ、このHPでも、アクセスカウンタの処理途中でほぼ100%切断してしまうことが判明しました。それでは満足な通信は出来ないので、メーカに電話し、改善を要望しました。まず、ここでサポートの電子メールがない事に不満をおぼえましたが、通信が出来ないままではどうにもならないので、仕方なく電話しました。以下がメーカ側に提案された対策案とその効果です。

No.対策案実施内容効果
家の周りに電波を発生させるものはないかなにもないなし
家は鉄筋か木造か木造なし
無線の家庭用電話機は近くに置いていないか電話機を部屋の外へ移動なし
親子間で距離は離れていないか10m程度だが極力近づけてみるなし
親機のファームウェアのバージョンアップ最新にバージョンアップなし
子機のファームウェアのバージョンアップ最新にバージョンアップなし
ダイヤルアップの設定で「市外局番とダイヤルアップのプロパティを使う」のチェックを外し、市内でも市外局番からかける様にする左記の通りなし
電話番号に「DL#」の文字を加える左記の通りなし
ダイヤルアップの設定で「IPヘッダー圧縮を使う」のチェックを外す左記の通りあり

 結局4回電話して、やっとまともに動く様になりました。しかもNo.9以外の対策を全て戻しても(戻せないものを除く)、ちゃんと通信するではないですか。これにはちょっとメーカの対応に疑問を抱かずにはいられませんでした。


前のページへ 作業詳細(ハード)1/4 2/4 3/4 4/4 作業詳細(ソフト) 総評 次のページへ


このページの
最上部へ移動