Last Update 2002年02月
イトカメPCサポート(1つ上の階層)へ移動 イトカメトップページ(2つ上の階層)へ移動

VAIO L710-BP2

筆者が購入した初めてのパソコンが、「VAIO L710-BP2」です。構成部品のトータルでの使いやすさを重視して選定しました。実際使ってみて、大変満足しています。
強いて問題点を挙げるならば、省スペース型ゆえの拡張性の弱さと、大金はたいてKatmaiの550MHzを買ったとたん、Katmaiが600HMzで打ち切られたことです。
自作を手がけたのを機に、2002/05にて私の手元から離れて行きました。

 

 

 

 注意

  • このページの内容は、筆者が使用した事例の紹介に過ぎません。決して、作動を補償するものでも、メーカがサポートするものでもございません。
  • このページの内容をご利用された事によって損害が生じた場合でも、筆者は一切の責任を負いかねます。悪しからずご了承願います。ただ、皆様のお役に立てれば幸いです。

雑感など 周辺機器増設&改造記録 Norton Ghost2001にチャレンジ

変更内容一覧

項目 オリジナル 変更後
ブランド スペック ブランド スペック
ハード CPU ペンティアムV
(Katmai)
550MHz ペンティアムV
(Coppermine)
800MHz
(検討のみ)
メインメモリ Hyundai
(オリジナル)
128MB メルコ
MV-VSJ-256M
256MB
ハードディスク Seagate
Medalist1303
3.5inch
ATA33
13.0GB
5400rpm
Seagate
Barracuda ATA W
3.5inch ATA100
20.0GB 7200rpm
TOSHIBA
MK6014MAP
2.5inch
6007MB 4300rpm
SCSIボード なし IO DATA
SC-UPCIN
Ultra SCSI
MOドライブ なし IO DATA
MOF-R640
640MB
CD-R/RWドライブ なし IO DATA
CDRW-SX124G
CD-Rライト:12倍速
CD-RWライト:4倍速
リード:32倍速
USBハブ なし SANWA SUPPLY
USB-HUB05BLB
アップストリームポート×1
ダウンストリームポート×4
セルフ・バスパワード共に対応
スキャナ なし EPSON
GT-7600U
解像度:1200dpi×1200dpi
取り込み:216mm×279mm
ネットワークアダプタ オリジナル アナログ
56kbps
NEC
Aterm IW50&RS20
デジタル
64kbps
corega
Ether PCI-T
10BASE-T
携帯電話アダプタ なし SOUSENEXT
SUS−USB−02 REV1
-
ビデオキャプチャ なし IO DATA
MPG-BOX/P
取り込みサイズ
静止画:1600×1200
動画:352×240×30frame/s
ミュージックプレイヤー なし SONY
MC-P10
メモリ:64MB(内臓)
再生:約5時間(規格値)
マウス オリジナル 3ボタン+スクロール
PS2接続
Logicool
MZ-100
4ボタン+スクロール
光学式&無線式
PS2&USB接続
Logicool
CM-41PR
3ボタン+スクロール
無線式
PS2接続
ソフト ディスプレイアダプタ オリジナル ATI 5.40.1-T02

前のページへ 作業詳細(ハード)1/4 2/4 3/4 4/4 作業詳細(ソフト) 総評 次のページへ

作業詳細(ハード)2/4

3.ハードディスク
 データの2重化のためにもハードディスク(以下HDD)の増設(2台目追加)は切に願っていたのですが、省スペース型パソコンの最大の弱点である「空きベイ」がない事から、こればかりは不可能と思っていましたが、ついにやってしまいました。
 3.5inchのHDDは物理的にケースに収まらないため、2.5inchのものを使用しました。ノート型ではなくてもベアボーンなどで2.5inchが使用されている事からヒントを得ました。3.5inchを外して、その空間に2.5inch×2にしようかとも思いまいしたが、3.5inchを捨てるのももったいないし、2.5inchはどうしてもアクセス速度が落ちるの(と言ってもこのパソコンはATA33)で、3.5inchを残す事にしました。
 まずは部品の購入から。

・HDD本体(当たり前ですね)
・3.5inchHDD→2.5inchHDD変換ケーブル
・電源分岐ケーブル
・IDEケーブル

オリジナルのIDEケーブルはスレーブ側がないので、これも購入する必要があります。また省スペース型でケース内に隙間が殆どないため、フラットケーブルではなくラウンドケーブルを選定しました。
 それでは早速本体を分解します。特にこの機種特有の組み付け方法はない様です。但し、なんとIDEケーブルがマザーボードの裏側に配線されていました!という訳で、マザーボードを外さないと、IDEケーブルが取り外せません。
 
[購入部品]


[マザーボードを取り外した状態]


[フラットケーブルの取り外し]

[ハードディスク接続]


[ライザーへ変換ケーブル固定]


[2.5inchHDD取付け状態]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   分解したら、HDDの組付けです。IDEケーブルをラウンドタイプを使用したので、IDEケーブルのマザー裏での配線はやめました。ですので、HDDを固定する前での作動確認が取れました。
 2.5inchHDDはプライマリスレーブに割当てました。セカンダリはCD-ROMドライブが接続されていますが、ケーブルが特殊なので、セカンダリ側が触らない方が無難と判断しました。ここで問題が発生!2.5inchをセカンダリにしているのにもかかわらず(ちゃんとジャンパピンも正しく設定しました)のに、どうしても2.5inchが「Cドライブ」になってしまいました。これでは3.5inchからブード出来ません。暫く悩みましたが、原因は極めて単純、IDEケーブルのプライマリ側とセカンダリ側を間違えて接続していました(^^;)。
 気を取り直して、あとは組付けです。HDDの固定位置は悩みましたが、PCIスロットと3.5inchHDDとの間に縦向きに取り付ける事にしました。これだとPCIボードが冷却風から遮断される事になりますが、元々そんなに風回りがいいとは言えないため、なんとかなるでしょう(大丈夫か?)。3.5inchHDD→2.5inchHDD変換ケーブルを両面テープでライザーボードに固定し、そこへHDDをぶら下げました。
 配線はかなり無理しましたが、何とか取付け完了。2.5inchHDDがマザーボードと干渉しそうだったので、パッキンを貼って絶縁しました。
 増設後はなんか調子悪くなった様な気もしますが、一応動いています。
 その後、メインのHDDを速度アップを目的に、最新のものへ変更しました。私の期待以上に速くなって満足しております。7200rpmはうるさいとの噂を聞いていましたが、非常に静かでこれまた満足しています。

前のページへ 作業詳細(ハード)1/4 2/4 3/4 4/4 作業詳細(ソフト) 総評 次のページへ


このページの
最上部へ移動