Last Update 2010年07月
イトカメPCサポート(1つ上の階層)へ移動 イトカメトップページ(2つ上の階層)へ移動

WindowsXPユーザがフリーのDHCP Server構築に挑戦(Open DHCP Server編)の目次

  1. 初めに
  2. 今回IPを貸し出すネットワークの条件
  3. 今回「Open DHCP Server」をインストールするPCに必要な条件
  4. 「Open DHCP Server」の入手
  5. 「Open DHCP Server」をインストールするPCのIP固定化
  6. 「Open DHCP Server」のインストール
  7. 「Open DHCP Server」の設定
  8. Windowsのファイアウォール除外設定
  9. 接続確認
  10. 終わりに

8.Windowsのファイアウォール除外設定

 Open DHCP Serverの設定が出来ても、WindowsXP SP2以降に搭載されているファイアウォールの機能で、DHCPサーバとしての通信が遮断されてしまいますので、これの除外設定を行います。

・コントロールパネルから、「Windows ファイアウォール」を起動します
・「有効(推奨)」をチェック(図8-1参照)
・「例外を許可しない」のチェックを外します(図8-2参照)
・「例外」のタブをクリック(図8-2参照)
・[プログラムの追加]をクリック(図8-2参照)
・[参照]をクリック(図8-3参照)

[図8-1]


[図8-2]


[図8-3]


[図8-4]


[図8-5]


[図8-6]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・「ファイルの場所」を「c:\Program files\OpenDHCPServer」へ移動(図8-4参照)
・「OpenDHCPServer.exe」のファイルををクリック(図8-4参照)
・[開く]をクリック(図8-4参照)
・[OK]をクリック(図8-5参照)
・[OK]をクリック(図8-6参照)
  以上で終了です

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページへ

このページの
最上部へ移動