Last Update 2007年05月
イトカメPCサポート(1つ上の階層)へ移動 イトカメトップページ(2つ上の階層)へ移動

WindowsXP快適(高速化)設定

1.コントロールパネル(1/2) 2.コントロールパネル(2/2) 3.レジストリ 4.その他の設定

2.レジストリ(「ファイル名を指定して実行」から、「regedit」と入力)

項目補足
HKEY_CLASSES_ROOT\mailto\shell
\open\command\(規定)
メールソフトのパス「mailto:」をクリックした際の、起動するソフトの指定
「"c:\program files\……….exe" "%1"」と記述
HKEY_CURRENT_USER
\Control Panel\Desktop\AutoEndTasks
1アプリケージョンがハングアップした際、自動的に終了します
(終了か否かのダイヤログが出なくなります)
HKEY_CURRENT_USER
\Control Panel\Desktop\WaitToKillAppTimeout
任意(ミリ秒)ログオフ時の、アプリケージョンのハングアップ判定時間が変更されます
(ハングの判定時間を短くする事でログオフが早くなります)
HKEY_CURRENT_USER\Software
\Microsoft\Windows\CrrentVersion
\Explorer\Advanced
0新規で「EnableBalloonTips(DWARD値)」という項目を作って、その値を「0」とすると、通知バルーンが発生しなくなります
HKEY_CURRENT_USER\Software
\Microsoft\Windows\CrrentVersion
\Policies\Explorer
1新規で「LinkResolveignoreLinkInfo(DWARD値)」、「NoResolveTrack(DWARD値)」、「NoResolveSearch(DWARD値)」の3項目を作り、それぞれの値を「1」とすると、ショートカットのリンク切れ検索が中止されます
HKEY_CURRENT_USER\Software
\Microsoft\Windows\CrrentVersion
\Explorer\FileExts\***\OpenWithList
値を削除「プログラムから開く」の一覧から削除できます。
HKEY_CURRENT_USER\Software
\Microsoft\Windows\CrrentVersion
\Internet Setting
32(10進),18(10進)新規で「MaxConnectionsPer1_0Server(DWARD値)」の項目を作り、値を「32」とし、「MaxConnectionsPerServer(DWARD値)」の項目を作り、値を「18」とすることで、IEの同時ダウンロード数が向上します
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Keyboad\InitialKeyboardIndicators
0→2WindowsXP起動時に、Num LockがONの状態になります
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\MenuShowDisplay
400→0スタートメニュー表示が高速化されます
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\ScreenSaveActive
1→0ログオン前のスクリーンセイバーをなしに出来ます
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\ScreenSaveTimeOut
任意(秒)ログオン前のスクリーンセイバー起動までの時間を任意に設定出来ます
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\SCRNSAVE.EXE
***.scrログオン前のスクリーンセイバーを指定出来ます(設定項目がるものは、Default Userの設定が適用されます)
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\Wallpaper
*.*ログオン前の壁紙を指定出来ます(フルパスで指定)
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\Tile Wallpaper
0又は1ログオン前の壁紙の並びを設定出来ます
「0」=中央表示、「1」=並べて表示
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\WallpaperStyle
0又は2ログオン前の壁紙の表示サイズを設定出来ます
「0」=現尺表示、「2」=拡大表示
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel
\Desktop\WaitToKillAppTimeout
20000→2000程度プログラムがフリーズした際の、「応答なし」表示までの時間が設定できます
「2000」=2秒
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\FileSystem
1新規で「NtfsDisableLastAccessUpdate(DWARD値)」という項目を作って、その値を「1」とすると、各ファイルへの最終アクセス日時の記録を中止出来ます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\PriorityControl
1新規で「IRQ8Priority(DWARD値)」という項目を作って、その値を「1」とすると、アクティブウィンドウ切り替えが高速化されます(但し、割込み要求(IRQ)の(ISA)8に「システムCOMS/リアルタイムクロック」が存在する事が必要です)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\PriorityControl\Win32PrioritySeparation
38(10進)アクティブに作動しているプログラムが優先的に実行されます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\Session Manager\Memory Management
1新規で「DisablePagingExecutive」とう項目を作って、その値を1とすると、パフォーマンスが向上します
(カーネルの物理メモリ常駐)
※メモリ搭載量が512MB以上ある場合を目安に実施
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\Session Manager\Memory Management
\SecondLevelDataCache
搭載CPUの
2次キャッシュ量(10進)
パフォーマンスが向上します
(WinXPはデフォルトで2次キャッシュを256KBで認識するため)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\Session Manager\Memory Management
\LargeSystemCache
1ソフトウェア起動用にメモリが開放されます
(メモリ搭載量128MB以上必要です)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\Session Manager\Memory Management
メモリ搭載量の1/8(10進)新規で「IoPageLockLimit(DWARD値)」という項目を作って、その値をメモリ搭載量の1/8程度とすると、その分、HDD転送率が向上します(メモリ搭載量512MBなら、512/8*1024*1024=67108864)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Control
\WaitToKillServiceTimeout
任意(ミリ秒)シャットダウン時の、サービスのハングアップ判定時間が変更されます
(ハングの判定時間を短くする事でシャットダウンが早くなります)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
\CurentControlSet\Services
\lanmanserver\parameters
任意(%)(10進)新規で「DiskSpaceThreshold(DWARD値)」という項目を作ると、HDD空き容量警告の値が自由に設定できます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
\Microsoft\Internet Explorer
\Search\SearchAssistant
検索エンジンのURLIE上の「検索」ボタンを押した時の表示ページが変更出来ます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\OptimalLayout\EnableAutoLayout
0WinXPに搭載されている自動デフラグが中止されます
(サードパーティのデフラグツールを使っている方は不要かと思います)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer
1新規で「AlwaysUnloadDLL(DWARD値)」という項目を作って、その値を「1」とすると、ソフト終了時にメモリが開放されます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
\Microsoft\Windows NT
\CurrentVersion\Winlogon
任意(秒)新規で「ScreenSaverGracePeriod(DWARD値)」という項目を作って、その値を指定すると、スクリーンセイバー起動からパスワードロックまでの時間(秒)が指定出来ます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
\Microsoft\Windows NT
\CurrentVersion\Winlogon
任意の文章新規で「LegalNoticeText(文字列値)」という項目を作って、その値に任意の文字列を入力すると、ログオン時にその文章がホップアップされます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
\Classes\***\Shellnew
Shellnewフォルダ削除フォルダごと削除で、新規作成のリストから消えるます(ブリーフケースは.bfc)



このページの
最上部へ移動